パチスロ「蒼天の拳」攻略〜スロット解析サイト

sammyからパチスロ「蒼天の拳」が登場

伝説の名機パチスロ(初代)北斗の拳の完全継承機と銘打ち、5号機では異例の注目を集めたパチスロ「蒼天の拳」。 超待望の最新機種がついにホールデビューを果たしました。 実践前に、基本システムから高設定を見抜く攻略ポイントをしっかりとチェックしましょう。

設定 BIG合成 BIG+ART 機械割 期待収支
1/1213.6 1/293.0 96.5% -16,800円
1/1191.6 1/280.2 98.2% -8,640円
1/1170.3 1/266.5 100.2% +960円
1/1129.9 1/248.8 103.3% +15,840円
1/1110.8 1/231.0 106.4% +30,720円
1/1074.4 1/205.2 113.1% +62,880円

パチスロ「蒼天の拳」基本情報ゲーム性

■北斗とエウレカのゲーム性が融合
中段チェリー、北斗揃い、32G前兆など初代北斗のゲーム性を色濃く受け継いでいるのが本機最大の特徴。 特定役成立によるモード移行や4つのステージで内部モードを示唆する点は、シン、サウザー、ジャギ、ラオウのステージ構成とほぼ同じ感覚で問題ないでしょう。

ART中はバトルボーナスを彷彿させる死闘演出が展開され、バトルで拳志郎が倒れなければARTが継続。 そして、初代北斗で鮮烈な印象を残した復活パターン(ケーーン!!)も健在。 仮に拳志郎が倒れて終了画面が表示されても、BETやレバーONで復活すれば継続が確定する。

ゲーム説明

パチスロ「蒼天の拳」を攻略する!

ここからは、真剣にパチスロで勝ちたいと願う方のために書きます。 冷やかしや本気じゃない人は読まないでね。

ズバリ、「蒼天の拳」の高設定を打つ秘訣とは?

本機は、最高設定を掴むことさえできれば万枚突破も珍しくないほどのハイスペック機。 加えて、一撃数千枚クラスが期待できるという魅力のARTも搭載しており、今までの5号機スロットにはない出玉性が特徴的な機種です。

ですが、そう"オイシイところ"だけでもないのが現実です。

設定6は超ハイスペック仕様の蒼天の拳ですが、シワ寄せかな・・・低設定がかなり渋い。
REG非搭載のボーナスは当たりが重く、ストック管理のARTはマグレ噴きの敷居が高い。まさに回収用の仕様と言えるかもしれません。
ついつい一撃に期待して打ち続けていると、いつの間にか取り返しのつかない状況になってしまうことも考えられます。

もちろん、低設定でも一撃の可能性は0ではないので、夢追い人のまま打ち続けるのも悪くはないのかもしれません。 しかし、いくら一撃に期待したところで、低設定を打っている限り収支が安定してくることはないでしょう。 どんなにハイスペックART機でも、しっかり立ち回り高設定を掴む。これこそが運に支配されない唯一の攻略法なのです。

「そうは言うけど、高設定を打つとか実際そんなに甘くない。」
こう思っている人が多いはず。

でも、それは大きな間違い。
問題は高設定を打つ方法を、知っているか、知らないか、だけなのです。

もはや『高設定を掴む力』がない人は生き残れない

5号機時代になり、打ち手の私たちが以前にも増して設定の影響を出玉でダイレクトに受ける環境になりました。 その環境を活かすためには、高設定を打つ力が必須だからです。
しかし、これまで私たちは、ほとんどといっていいほど、スロットの打ち方を習わずにきました。 勝つために必要なことが何かを知る経験も乏しかった。

それが急に、勝つためには高設定を立ち回れと言われても、その方法がわからないのは当たり前のことです。

では、どうすればそんな状況を抜け出せるのか?

そう、まずは高設定を打つ(テクニック)方法を身につけてしまうのが一番早い。
このテクニックを身につけると自分を取り巻く状況が変わります。

テクニックを駆使すれば、事前に低設定を回避することも、高設定だけを打つことも実現できてしまうからです。

高設定を打つテクニックを習得し、新たな世界に足を踏み入れてみたい方は、 下部の詳細ボタンをクリックしてお進みください。

クリックすることができます
2style.net