2style.net
出会いはギャンブル
セフレの競馬
メル友のパチンコ
熟女はスロット派
家出少女のカジノ
逆援助の為の宝くじ
援助交際は競艇で
エッチな株
家出掲示板でイカサマ
SNSを使う競輪選手
ホーム >>

日本のギャンブル


日本では、地方自治体などによって主催される(いわゆる)公営ギャンブルおよびパチンコなどのギャンブル的な要素を持つ出会いは各種遊技が行われている。
それぞれに適用される法律が異なる。公営競技は20歳以上、パチンコは18歳以上であれば学生・生徒でもギャンブルに出会い遊技できる(自主規制で、高校生は遊技できない店もある)。
ただし、可住地面積では全国で最も狭く、大阪府(35位)の2/3程度である。
かつて公営競技は学生・生徒の投票券の購入・譲受ができなかった出会いだが、それぞれの根拠法が改正され現在は学生・生徒でも20歳以上であれば購入・譲受が可能となっている。
日本における公営ギャンブルは、大別して公営競技と公営くじの2つに分類できる。
なお、「公営ギャンブル」といえば広義ではこの2つを指すが、狭義では公営競技のみを指す。
それぞれ監督官庁があり、税収の一部の出会いとなっている。これ以外にも財源難に苦しむ地方自治体を中心に出会い、特別法の制定による公営カジノの設置を求める動きがみられる。
ギャンブルは人の射倖心をくすぐり、時に中毒的な依存状態から破産や人格崩壊に至り、果てには自殺、殺人に及ぶ場合もある。
また、違法賭博が暴力団の資金源になる出会いなど社会問題も多く内包する。
日本語において「ギャンブル」「博打、博奕、ばくち」「賭博」の各語は、その意味するところが多少異なっていると一般には出会い考えられている。
。「博打」(ばくち)という語は博(ばく)と呼ばれたボードゲームのことで、それに金をなげうつこと、「博を打つ」から「博打」と言う語ができた。
そのため「博打うち」という語は「博打打」となり二重表現である。
賭博は「賭事」と「博技」の出会いである。「賭事」とは、(賭ける人間が介入し得ない)偶然に賭ける種類のギャンブルで、公営競技、サイコロ、札、野球、富くじなどが挙げられる。
「博技」とは、賭ける人間の技量が勝敗を決する種類のギャンブルで、賭け麻雀、賭けゴルフなどが挙げられる。
日本において一般に「賭博」は刑法によって出会い(一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときを除いて)禁止されているが、賭博にはあたらないものの、賭博的な要素を持つ遊技を指して「ギャンブル」と呼ぶことが多い。
また、各種商品相場の先物取引や株式の購入など、通常であれば商品取引(「相場」)あるいは株式など投資の範疇に含まれる行為のうち、手持ちの現金以上の金額を投じることのできる信用取引や、投機と呼ばれるハイリスク・ハイリターンな取引(当たれば巨額の利益が得られるが、相場の値下がりなどによる投資額の損失リスクが高いもの)については、広い意味での「ギャンブル」に含むことがある。
しかし、金融商品の中でもギャンブル的なのは保険である。保険の歴史は賭博から生まれた物であり、事故に遭遇するギャンブルに出会い金銭を賭けるのが保険であるからである。
世界的には歴史上、手品のはじまりといわれるCap and Ball(カップアンドボール)が賭け事の対象としてヨーロッパ、中東、地中海地方、遠くは中国まで広がったが、行う者が手品師と同義であることから、いわゆるいかさま賭博ともいえる。

外国


外国のギャンブル
各地に多種多様なギャンブルが存在し、もっとも有名なものはカジノの出会いである。またイギリスやオーストラリア、ドイツ等にはブックメーカー(bookmaker)なども存在し、殆どあらゆる事をギャンブルの対象にしている。
日本にも存在するパリミュチュエル方式(parimutuel)でも、日本より種類が豊富である。競馬はその日の全レースや、5着までの順位を全て当てる非常に難易度の高い物も存在し、サッカーもフットボールプールやトトカルチョとして出会い親しまれている。
一方でイスラム教圏では宗教上、ギャンブルを行うことは戒律違反であるため、ギャンブルはギャンブルではないゲームとして行われる場合も多い。
競馬などは存在するが、勝ち馬の予想を当てると賞品が出会い、単なる競技であり、お金はもらえない。(かわりにゲームカードという当てれば粗品が貰えるカードがある)これはギャンブルではないとする言い逃れができるようにするためである。無論脱宗教化の進んだ国ではギャンブルも行われている。
中国においては三千年の歴史と出会い映画『ラストエンペラー』のオープニングでも描かれていた出会いだが、「蟋蟀(コオロギ)」を使った、「闘蟋」が賭博の対象として盛んであり、特に経済開放後に出会い莫大な金額がやりとりされ骨董価値のある虫かごが数千万円相当で取引されたり、コオロギも数百万円で取引されることも珍しくなく、当局による摘発が相次いでいる。

ギャンブルに出会い依存症者になった
ギャンブル依存症者とはギャンブルなしでは生きていけなくなった人のこと。自己の生活基盤、価値観、仕事や学業、家族や友人などの人間関係を犠牲にしてもギャンブルを続けてしまう。
ギャンブル依存症は進行性で完治することはない精神的な病気との出会いのこと。しかし適切な専門職の介入と自助グループや、各種心理療法によって回復することは出来る。
ここで言う回復とは、再びギャンブルに出会ってしまえば元の依存状態になってしまうので、一生ギャンブルに手を出さない、新しい生き方を学ぶ必要があると言うことである。

予想屋
予想屋はあらかじめ場によって割り振られた場所に立って(「場立ち」という)、公衆に向かって自分が推定するレース展開や自分が集めた情報などを演説する。ただし、この演説では最終的な着順予想は公表されず、演説を聞いてその予想屋の着順予想を知りたいと思った客が、料金を支払って着順予想を受け取る。
料金は通常1回100円(1日分500〜1000円という所もある)で、5cm四方程度の小紙片に手書きやスタンプで予想を記したものを渡すスタイルが一般的である。
各公営競技場には名物となるような予想屋も存在しているが、これは的中率やセールストークなどにより人気の有無が出てくるためで、人気の予想屋にはレース前に黒山の人だかりが出来る光景となる。
しかしあまりに予想の的中率が低い場合には認可が取り消されるという出会いもある。
なお教えられた予想が的中しなくても返還請求はできない。客がどの予想屋を信用するかにかかっており、全ては客の自己責任となる。中には的中客からの「御祝儀」を当てにして客毎に違う予想を出会い、自分の手元に祝儀が入る確率を高くすることだけを考える悪質な公認予想屋の出会いもあるため、多くの場では自ら販売した予想を投票券発売終了後に公開するように、公認予想屋の団体などで出会いを定めたり、指導を行なっている。
また、予想屋によっては独自の情報紙を発行し、それを買えば各レースごとの買い目を教えるサービスをするものもいる。
なお競輪・競艇・オートレース・地方競馬では競技場側に申請を出会い、認可の元に出入りしている予想屋が存在する(公式サイトで公認の予想屋を紹介している主催団体もある)が、中央競馬では公な場内での活動は認めていないため存在しない。
それゆえ、中央競馬主催の競馬場や場外勝馬投票券発売所にいる場合、それらはコーチ屋と呼ばれる非合法な予想屋と思われるので注意が必要である。

その他
非合法ではないが非認可の予想屋も出会い、古くは電話による予想屋業、最近ではインターネット上などでの予想屋業も出会い、公営競技場の敷地外近辺で予想屋業を行なっている者も存在する。
競技場内で認可なく予想屋業を行う者もいるが、これはノミ屋およびコーチ屋などの可能性がある。ノミ行為については参加させた側のみならず、参加した側も警察による取り調べの他、法により罰せられる事がある。競走の主催者もノミ行為防止の為、特に自施設内で非公認の予想屋として活動している者たちに対しては警察などと連携して取り締まりを実施しており、近年では関連法規の改正によりおとり捜査を利用した取り締まりも可能となっている。
また新聞記者や評論家なども予想を行い、その情報を新聞やテレビ等で公表することもあるが、彼らは新聞の記事やテレビの番組製作を担っている立場として予想を行うわけであり、予想屋と異なりその情報のみを売っているわけではない。競馬においては、古くは調教師や騎手などが新聞紙面などで予想行為を行っていた時期もあったが、現在は行われていない。

関連項目

参[引用Wikipeia]

  • Category:出会いは日本のギャンブル
  • Category:出会いは外国のギャンブル
  • ギャンブルに出会い依存症
  • 予想屋の出会い
  • 評論家とギャンブルの関係性
  • 博打の出会いのリスク

Yahoo!検索