2style.net

ニキビ対策:洗顔と保湿のポイント


思春期のニキビに悩む人も、そして大人ニキビに悩む人も、はやくニキビにさよならしたいという思いは共通していることと思います。
ニキビ対策の基本は、毛穴をつまらせないこと、皮膚を刺激しないことです。
つまりはニキビをつくらないようにすること、そしてもしニキビができてしまっても、痕を残さないようにすることが大切なのです。
ニキビの原因となる古い角質や皮脂を毛穴につまらせないためには正しいスキンケアが必要です。

ここでは、ニキビ対策としての洗顔のポイントをいくつか挙げてみましょう。
●洗顔料はよく泡立てる
●皮脂の多い部分から洗う
●十分にすすぐ
●拭き取るときは、やわらかいタオルをやさしく押し当てる

皮膚を刺激しない洗い方に心がけてください。
ポイントは「泡で洗う」ことです。
石けんや洗顔フォームは、泡立てることによって洗浄力が高まり、皮膚への刺激を軽減します。
洗顔料は、油分の少ないものや、ニキビ用のものを使うとよいでしょう。
皮膚への刺激を避けるため、フェイスブラシの使用は控え、洗顔後はタオルで水分をこすり取らないように気をつけます。

皮脂や古くなった角質を洗い落とすために、洗顔は欠かせないケアです。
1日2回、朝と晩に行ない、汗をたくさんかいたりほこりで汚れた場合などは水洗いでもよいのでその都度洗い流すようこころがけてください。
また、洗顔後の保湿も忘れずに行なってください。
皮脂が多いからと言って保湿をしないでいると、皮膚のバリア機能が低下して、炎症を起こしやすくなってしまいます。
油分を補給するのではなく、水分を補給するため保湿性の高い化粧水や美容液を使用し、肌をしっとりした状態にしておきましょう。

パワーポップはダイエット(肥満解消)キャンディ:短期間集中で効果あり

馬太郎サプリの効果

サウナスーツで汗をかいてダイエット効果を...

赤ちゃん(乳児・ベビー)の病気と良いお医者さん

MRPダイエットドルチェは甘くておいしい

TOP-にきび全科 にきび:アクネ菌の存在 大人のにきび:発症の原因 白にきびと黒にきびの症状 ニキビ対策:洗顔と保湿のポイント ニキビ対策:基本は刺激を避けること ニキビ:炎症性の治療 ニキビ:非炎症性の治療 ニキビ:ケミカルピーリングの治療 ニキビ痕の治療の方法 ニキビの症状は感染する? ニキビ:冷え性との関係はある? ニキビ:ストレスと皮脂の関係について ニキビの原因:活性酸素の刺激 ニキビ:化粧品との関係について ニキビ:角栓を押し出す方法 ニキビ痕:クレーター状の対策 ニキビ:紫外線の影響について ニキビと毛穴あれこれ その1 ニキビと毛穴あれこれ その2 ニキビの原因:ストレスマネージメント ニキビ:予防のための実践 ニキビのタブー:喫煙について ニキビの手作りの薬:はちみつ編 ニキビの手作りの薬:ハトムギ編 ニキビの手作りの薬:アロエ編 ニキビの手作りの薬:ドクダミ編 ニキビ:生理との関係について ニキビ:毛穴の病気あれこれ ニキビ痕の原因と対策について sitemap