2style.net

ニキビ痕の治療の方法


今現在、進行中のニキビに悩んでいる人もいれば、昔ニキビができていたときにつぶしてしまった、自己流のケアをしていたためにニキビ痕が残ってしまって悩んでいる人もいることでしょう。
とくにニキビ痕には、茶色く色素沈着してしみになっている場合、皮膚が陥没している場合(ニキビ瘢痕と言う)、毛細血管が拡張状態などがあり、悩みも深いようです。

色素沈着によるしみなら、ケミカルピーリングやレーザー治療で目立たなくなることもあります。
ある種のフラッシュランプによる光を皮膚に当てることで、血管が壊されて赤みがとれる治療法もあるようです。
ニキビ瘢痕に対しては、しわ取りレーザーを使って皮膚組織を整える方法があります。
ニキビ瘢痕の中でも浅い陥没の場合は、グリコール酸ピーリングを行なうことでその陥没の段差が少なくなって目立たなくなることもあります。
深い陥没の場合には、トリクロロ酸やサリチル酸などのやや強めの酸を用いたピーリングが行なわれるようです。
またニキビ瘢痕の中でも皮膚が盛り上がっているような状態の場合は、外科的に切って縫い合わせる方法やステロイド薬を局所注射する方法が行なわれることもあります。

これらのニキビ痕の治療はほとんどが保険が適用されず実費治療となります。
また特殊な治療になるため、専門医とよく相談して進めなくてはなりません。
いずれにしても、ニキビ瘢痕を治すのは大変な治療となります。
できるだけニキビ痕を残さないよう、ニキビが軽症のうちに正しい治療を行なって完治させることが重要です。

国立病院ダイエット(肥満解消)は大変危険

矯正歯科医院の選び方のコツ

発毛・育毛とコラーゲン

レーサーダイエットの特徴と口コミ

健康増進型(甘い野菜)でダイエット以外の効果

TOP-にきび全科 にきび:アクネ菌の存在 大人のにきび:発症の原因 白にきびと黒にきびの症状 ニキビ対策:洗顔と保湿のポイント ニキビ対策:基本は刺激を避けること ニキビ:炎症性の治療 ニキビ:非炎症性の治療 ニキビ:ケミカルピーリングの治療 ニキビ痕の治療の方法 ニキビの症状は感染する? ニキビ:冷え性との関係はある? ニキビ:ストレスと皮脂の関係について ニキビの原因:活性酸素の刺激 ニキビ:化粧品との関係について ニキビ:角栓を押し出す方法 ニキビ痕:クレーター状の対策 ニキビ:紫外線の影響について ニキビと毛穴あれこれ その1 ニキビと毛穴あれこれ その2 ニキビの原因:ストレスマネージメント ニキビ:予防のための実践 ニキビのタブー:喫煙について ニキビの手作りの薬:はちみつ編 ニキビの手作りの薬:ハトムギ編 ニキビの手作りの薬:アロエ編 ニキビの手作りの薬:ドクダミ編 ニキビ:生理との関係について ニキビ:毛穴の病気あれこれ ニキビ痕の原因と対策について sitemap