2style.net

ニキビの手作りの薬:アロエ編


アロエは「医者いらず」とも呼ばれ、民間薬としてはもっともよく知られているのではないでしょうか。
内服薬としても外用薬としても薬効が多く、さまざまな病気やけがの治療に用いられています。

内服の効果としては、便秘、胃・十二指腸潰瘍に効果があります。
生のアロエで腹痛を起こしてしまう人は、乾燥させたり加熱させて使うとよいでしょう。
アロエの有効成分は熱にも強いので、煎じたり、乾燥させてもかなりの効果を得られます。

外用薬としては、やけどや切り傷、水虫、ニキビなどに効果があります。
これはアロエに含まれるアロエチンという成分の強い抗菌作用によるもので、細菌の感染予防に役立ちます。
ニキビなどの患部に塗ると、細菌の毒素を中和したり退治してくれます。
またこのアロエチンという成分は、がん細胞の活動性を抑える働きがあることもわかっています。

アロエを外用に使う場合はおもに生葉を利用します。
その際気をつけたいのが、アロエを水洗いしてから必ず熱湯をくぐらせて殺菌してから使うことです。
ニキビや水虫に使う場合は、熱湯消毒したアロエの葉の皮をむいて、患部に汁をこすりつけます。
患部が乾いたら、アロエの汁を絞りながら何度も繰り返し塗ります。
アロエをすりおろしたものを水で2〜3倍に薄めた液でマッサージすると、肌荒れにも効きます。

しかしアロエが万能薬で効き目も大きいとは言え、特に敏感肌の人は肌への刺激も気になることと思います。
様子を見ながら少しずつ試してみてください。

水虫の症状と治療
水虫の症状と治療について爪や手、かかとの水虫の薬や治し方について解説します。

歯列矯正の治療
歯列矯正の治療について、大人から小児・子供の治療費・料金・費用や相談などの情報を提供します。

赤ちゃんの病気
赤ちゃん、乳児、幼児、ベビーの病気についての情報です。

ダイエット成功の方法
ダイエット成功の方法を紹介します。

レーサーダイエットの効果
レーサーダイエットの効果や口コミ、プーアール茶、サプリなどについての紹介です。

TOP-にきび全科 にきび:アクネ菌の存在 大人のにきび:発症の原因 白にきびと黒にきびの症状 ニキビ対策:洗顔と保湿のポイント ニキビ対策:基本は刺激を避けること ニキビ:炎症性の治療 ニキビ:非炎症性の治療 ニキビ:ケミカルピーリングの治療 ニキビ痕の治療の方法 ニキビの症状は感染する? ニキビ:冷え性との関係はある? ニキビ:ストレスと皮脂の関係について ニキビの原因:活性酸素の刺激 ニキビ:化粧品との関係について ニキビ:角栓を押し出す方法 ニキビ痕:クレーター状の対策 ニキビ:紫外線の影響について ニキビと毛穴あれこれ その1 ニキビと毛穴あれこれ その2 ニキビの原因:ストレスマネージメント ニキビ:予防のための実践 ニキビのタブー:喫煙について ニキビの手作りの薬:はちみつ編 ニキビの手作りの薬:ハトムギ編 ニキビの手作りの薬:アロエ編 ニキビの手作りの薬:ドクダミ編 ニキビ:生理との関係について ニキビ:毛穴の病気あれこれ ニキビ痕の原因と対策について sitemap