2style.net

ボーリングの起源や用語などについて紹介しています。


ボウリングとは、プレイヤーに対して頂点を向けて正三角形に並べられた、10本のピンと呼ばれる棒をめがけてボールを転がし、ピンを倒すスポーツです。

日本での漢字表記は十柱戯。

ワールドゲームズ参加競技、アジア競技大会の正式競技種目、国民体育大会の競技となっています。

1ゲームは10のフレームから構成されており、第1〜9の各フレームは2回投球できるようになっています。

1投目に「ストライク」(1投で10本のピン全てを倒すこと)が出た場合は、その1投のみで次のフレームに進み、それ以外の場合は残ったピンをそのままにして2回目の投球を行います。

1投目で残ったピンを、2投目で全て倒すことを「スペア」といい、第10フレームは、ストライクもしくはスペアが出た場合には計3回の投球を、それ以外の場合は2回の投球を行い、ゲーム終了です。

通常、ボウリングを行うための専用施設であるボウリング場で行われるスポーツです。

ボウリング場は中にいくつものレーンがあり、ピンを自動的に並べる機械や、ボールをプレイヤーの元に送り返してくる仕組みなどを備えているのが普通です。

様々な重さのボールの他に、専用の靴なども貸し出しています。