剣舞

"現代まで続く剣舞の源は、明治維新後、榊原健吉が行った撃剣興行の余興として剣舞が披露された事が定説となっている。 系統だて整理した厳密な意味で現代剣舞の創立者は、日比野正吉(雷風)、長宗我部林馬(加藤鶯鳴秦霊華)と言われ、明治20年頃、前者は神刀流、後者は弥生流を発表した。 これもなお即興的な剣舞で、沿革の一端としてみるべきである。 その上、王政復古に際しては姿なき協力者として、勤王の志士の間に大いに歓迎され人心を掻き立て、あるいは士気を鼓舞する等、適時適所に少なからず役立ったという[1]。詩吟を伴う剣舞としてのはじめの記録は、安政の時(1855~1860年)、昌平坂学問所の書生が酔ったときに、頼山陽等の詩を吟じ、刀剣を抜き舞ったという。 " 京都 剣舞
2style.net