鉄くず

アルミニウムのスクラップからリサイクルして地金を製作するほうが、ボーキサイトから精錬するより価格面で有利なため、空き缶などのスクラップから再生産されている。 全くの法人は電気料金の安いブラジルや中東などで精錬している。 アルミニウム(ボーキサイト)の精錬には大量の電力を使用するため、電力価格上昇などで価格競争力が失われ、日本のアルミニウム精錬は2014年3月末で幕を閉じた。 日本で支出されるアルミニウムのうち、約70%は新地金であり、残りの約30%はリサイクルされたものである。 スクラップ買取 伊勢崎
2style.net