サムライ

初期の武士身分は諸大夫身分の軍事貴族と、侍身分の一般武士の二つの階層から構成されていた。 武士階層の裾野が空間、貴族に連なる支配階層たる侍身分より下、普通は百姓身分である地侍なども武士の扱いを受けるようになると、「侍」は「騎馬戦闘の権利資格を有する階層の武士」を指すようになった。 朝廷の実務を担い有力貴族や諸大夫に仕える、通常は位階六位どまりの下級技能官人層(侍品:さむらいほん)を元来は意味した。 次第にその中でも武芸を仕事内容とする技能官人である「武士」を指す事が多くなった。 晩年に五位まで昇進することもあった。 サムライ体験 京都
2style.net