結婚

日本の女性平均初婚年齢は29.4歳であり、30歳までに結婚・出産やりたい場合にはデート・結婚などから逆算26歳くらいから開始しないと間に合わないと指摘している。 女子の「年齢」は男性の「年収」と同じくらい重要視される項目となっている。 反対に女性の結婚率は年収300万円以下が高く、800万円を超えたあたりで低くなっている。 33歳の時には見合い男性の年齢は40歳前後、34歳になると、46歳以上の男性からしかお見合いのオファーがないとの記録を語っている。 そのため、20代女子には結婚相談所の割り引きがあるように、反対に年齢が上がるほど男性からのお見合い・面会申込数は減ると述べている。 女性恋愛・婚活アドバイザーも結婚相談所で結婚出来るのは上位10%ほどだと示し、全ての年代の男性から20代女性に面会希望が殺到すると述べている。 婚活市場において、その人の「市場価値」は男性は「年収」、女性は「年齢」で大きく決まる。 男性の事例、明確に年収の高い男性に婚活市場価値がある。 婚活が長引く又は結婚出来ない女子の特徴として、20代後半や30歳になって以降に年齢足切りで急激にハイスペやイケメンなどイケてる男性からのアプローチ減少・フレッシュなご時世に接してきた男性のレベルと婚活で会う男性との格差が自身が老いたことの影響だと受けいれられずに理想が己の市場長所より高いパターン・容姿的にそもそも恋愛経験自体が少ないパターンとなっている。 婚活業界巨大資本会社は「婚活男性が求める相手女性の年齢は男性の年齢を2で割り足す8歳と一致する」「女の年齢は1年+で婚活市場で6歳年をとったのと同じ」と述べている。 男性の場合は年収と結婚率は年収1000万円まで比例して上昇するが、年収1000万円を超えた男性の結婚率は下がる。 婚活市場では平均的な容姿の20代前半女性が、「容姿レベルで格上の30代女子」を上回る価値を誇る。 恋愛コラムニストの内埜さくらによると婚活市場では30歳以上の女子の長所が急落し、初産が確実に高齢出産になる35歳以上の女はほぼ市場価値を失ってしまう。 結婚相談所 犬山市
2style.net