2style.net

寝室の開運風水

寝室をただ寝るだけの部屋だと思っている人、案外いるんじゃないでしょうか。寝室は、風水では、玄関の次に重要視されているスポット何故にす。
人は、一日のうち、6〜8とき間を寝室で過ごします。現在日の疲れを取り去り、また、明日へのエネルギー充電の為に、睡眠をとります。リラックスして気持ちよく睡眠に入れる部屋こそが理想の寝室です。
では、どのような寝室がよいのでしょう。風水からみたステキな寝室造りのポイントをいくつか紹介しましょう。

1、部屋を淡い暖色系でまとめましょう。具体的な色でいうと、安心感を与えるベージュや淡いピンク、淡いオレンジ、淡い黄色などが御勧めです。不眠症の人において、より深いリラックス効果が期待できるラベンダー色がいいでしょう。

2、ベッドの位置は、頭を壁につけるように配置しましょう。これは、頭付近の気を安定指せる為です。

3、ベッドの足持とをあったかくする。リビング同様、寝室でも足持とを冷やさない空間づくりが大切です。朝、ベッドから起きてたちあがろうとし立とき、床のひやっとした感じ嫌じゃないですか?その嫌な感じこそが幸運を逃がしてしまうので、ご注意を。あたたかなラグや、スリッパ、ルームシューズなどを取り入れるとよいでしょう。

4、ベッドの枕もとにとき計、ラジカセ、携帯の充電器など電磁波の強くでるものを置くのは避けましょう。それらは、安眠を妨げるアイテムです。人は、寝ているときは、無防備でいろいろな影響を直に受けてしまうからです。

寝室の開運風水関連エントリー