2style.net

紺色の風水パワー

紺は、プラスの風水的要素とマイナスの風水的要素を併せ持つ色です。まじめな印象を相手に与えることができる反面、我慢を強いられる立場になりやすい特長があります。紺色自体に内側にためこむという特長があります。我慢に強くなるというのは、言い方を変えると、我慢している自身を感じなくなるということです。
「このごろ、ちょっと弱っているなぁ」と、自身自身のパワーが弱っているときに紺色を取り入れると、「この人において、多少無理を言っても大丈夫」と思われてしまい、我慢を強いられる立場に陥りがちになってしまいます。
このような理由から紺の服をずっと着つづけるのはよくありません。いつも無理を聞いてくれる人として受けとめられてしまいます。人に与える印象は怖いもので、一度、そのような印象を相手に持たれると、そこから離れるまで多くのとき間と苦労を有します。この点に気をつけて紺色の持ついい風水的パワーのみをうまく生活に取り込んでいきましょう。

しかし、最初に述べたように紺色は、まじめ、きちんとしたひとという印象を相手に与えるパワーも有しているので、シゴト場や受験、面接の際において適した色といえます。女性が紺色を衣服に用いる際のポイントがあります。それは、紺単色のみで身につけないこと。紺色のスーツに白の襟付きシャツは御勧めです。清浄化する白の力が働いて、紺色のよい部分だけを強調してくれます。紺色×ピンクも同じような効果が望めます。

紺色の風水パワー関連エントリー