First anniversary


――あのゴールに私の手は届いた?


 From master

管理人の木音鈴葉です。
このページは一周年を迎えたという事で感謝ページです。
予定では小説一本を更新予定です。
後は始めたいなぁと思っている小説の予告編ページです。
本当なら記念用の連載をやるはずだったんですけど……無理でした。すいません。 その小説もその内やりたいと思っております。



 Novel


・ストレート
声に出すと消えてしまいそう......本編終了してからのある日の休日です。


 Preview


カーブ
「ストレート」の続編的存在ですが同時に番外です。
ただ主人公が拓馬と紗柚という子です。
「ストレート」は爽やかな印象が強いですが、このお話は重いですね。
人の気持ちはそう簡単に動かないという事ですね。
もどかしくて一方通行で通じる事が難しくて。 誰かに素直に気持ちを話せないもどかしい人達のお話です。 あんまりコメディ色はないです。シリアスなムードで恋愛色モード。

鳥唄
このお話について言えばオムニバス形式です。
ある程度、人物は共通して出てきます。
主人公的存在が明名と暗といいます。
ただ、このお話はあんまり救いがありそうでないお話です。
言わば、今時よく聞く事とか書いていきたいです。
現代を舞台にしているのでそういうのを現実にありそうなお話を書きたいです。
だけど、ファンタジーです。このお話は現代と同時にファンタジー。あんまりファンタ ジーな感じでは書いてませんが、現代ファンタジー。
…現代ファンタジーだけど伝奇とも言える雰囲気なお話です。





Index

2style.net